伊予銀行 金融機関コード:0174

大
中
小
文字サイズ
いよぎんについて
Web完結申込サービス

CSR活動報告


「伊予銀行 CHALLENGE MATCH」
緑帯線
平成29年4月12日(水)

写真:「伊予銀行 CHALLENGE MATCH」写真:「伊予銀行 CHALLENGE MATCH」

 えひめ国体の舞台である愛媛県総合運動公園テニスコートにて「伊予銀行 CHALLENGE MATCH」が開催され、伊達公子選手がエキシビションマッチを行いました。
 午前中には、伊達選手がウォーミングアップを兼ねて、えひめ国体少年種目の代表候補選手に対して直接指導にあたりました。トレーニングラリー後の選手は、「ボールの伸びが違う」「こんなボールを受けたのは初めて」などと、とても刺激を受けた様子で、えひめ国体に向けて弾みのついた練習となりました。
 18時からのエキシビションマッチの対戦相手はリオオリンピックの日本代表で、世界ツアーで活躍する日比野菜緒選手。約1,000人のファンと、マスコミも20社以上が駆けつけるなど、全国的にも注目を浴びた試合となりました。復帰戦となる伊達選手は速いテンポのストロークで対抗、徐々に試合感覚がもどりつつも最後はタイブレークを日比野選手がとりました。「松山はとても縁のある場所、再スタートを松山で切りたいと思いました」と語ってくれた伊達選手。私たちにチャレンジする強さと最高のスマイルを見せてくれました。
 5月には公式戦復帰が控えており、今後もますます活躍されることでしょう。引き続き伊達公子選手への応援をよろしくお願いいたします。

区切線

愛媛FC「伊予銀行サンクスデー」
緑帯線
平成29年4月9日(日)

写真:愛媛FC「伊予銀行サンクスデー」

 当行が愛媛FCホームゲームのマッチスポンサーを務める「伊予銀行サンクスデー」が開催されました。
 今年は、対戦相手ロアッソ熊本のホーム熊本県が昨年4月に大地震で被災して1年を迎えることから、「復興支援マッチ」とし、スタンドに応援メッセージを掲げたり、愛媛FC選手と一緒に募金を呼びかけるなど、熊本の復興を応援しました。
 試合開始前、村上社長へのファンクラブボード贈呈や、当行女子行員から両チームキャプテンへの花束贈呈などの開会セレモニーが行われキックオフ。試合は、前半から愛媛FCが何度もチャンスを作るもののなかなか得点できずにいましたが、後半終了間際、今季新加入した丹羽選手のゴールで先制、そのまま1-0で開幕戦以来の勝利を上げました。


PDF プレスリリース[PDF:39KB]


区切線

いよぎん金融教育×愛媛FC「春のキッズセミナー」を開催しました
緑帯線
平成29年4月9日(日)

写真:いよぎん金融教育×愛媛FC「春のキッズセミナー」を開催しました

 今春のキッズセミナーは、愛媛FCと共同開催し、23名のキッズと37名のご家族にご参加いただきました。「自分たちの生活」と「お金」の関係や、それに関わる銀行の仕事について、また、愛媛FCの講義では、選手たちを支える様々な仕事について学んでいただきました。午後からは、普段見ることのできない選手のロッカールーム見学や、ピッチに出てスタジアムの熱気を感じることができました。その後、グループに分かれて、スタジアムでグッズ販売など、実際のお仕事を体験してもらい、「働くことの大変さ、大切さ、楽しさ」を1日通して学んでいただきました。最初は少し緊張した様子のキッズたちでしたが、講義が進むにつれ笑顔があふれ、ロアッソ熊本戦でも元気に応援してもらいました。


PDF プレスリリース[PDF:341KB]


区切線

「やりたい仕事創造学校」に講師として参加しました
緑帯線
平成29年3月25日(土)

写真:「やりたい仕事創造学校」に講師として参加しました

 ELS/UNGL(西日本リーダーズスクール)研修プログラムとして開催された「第4回やりたい仕事創造学校」で、「金融」をテーマに講義を行いました。
 松山市野外活動センターでの2日間のプログラムで、「銀行の仕事とは?」をテーマに、銀行の三大業務を学び、当行オリジナルゲーム「バンク&ビルディングゲーム」で「預金」「貸出」を体験していただきました。また、銀行員になったきっかけや小学生のころの夢などを語ることにより、3名の小学生と5名の大学生たちにとって、将来について考えるきっかけとなりました。

区切線

石村 嘉成氏の絵画をエミフルMASAKI支店キッズコーナーに採用
緑帯線
平成29年3月19日(日)

写真:石村 嘉成氏の絵画をエミフルMASAKI支店キッズコーナーに採用

 今回採用した作品「海の中の友達たち」は、水族館をイメージした迫力ある絵画で、お子さまが自由に触れられるよう絵画をマットにプリントいたしました。お子さま連れのお客さまも安心してゆっくりお手続きやご相談いただけます。


PDF プレスリリース[PDF:140KB]


区切線

児童養護施設などに「坊っちゃん劇場招待券」を寄贈
緑帯線
平成29年3月15日(水)

写真:児童養護施設などに「坊っちゃん劇場招待券」を寄贈

 創業記念行事の一環として、愛媛児童福祉施設連合会に属する児童養護施設や児童自立支援施設など、12施設に「坊っちゃん劇場招待券」を寄贈しました。


PDF プレスリリース[PDF:49KB]


区切線

松山市パークサポーター活動を実施しました。
緑帯線
平成29年3月11日(土)

写真:松山市パークサポーター活動を実施しました。

 12回目となる今回は、約150名の役職員とその家族が参加して、城山公園堀之内地区のさくら広場、やすらぎ広場を中心に、清掃と除草活動を行いました。当日は天候にも恵まれ、1時間あまりの活動で36袋のごみが集まりました。


PDF プレスリリース[PDF:52KB]


区切線

「森のあるまちづくり」をすすめる会共同植樹祭in今治港開催
緑帯線
平成29年3月11日(土)

写真:「森のあるまちづくり」をすすめる会共同植樹祭in今治港開催

 今治港で、「森のあるまちづくり」をすすめる会の共同植樹祭を開催しました。
 今治市への苗木贈呈式のあと、17の企業・団体、招待しためぐみ幼稚園の園児を含む約140名が、ヤブツバキなど、23種類の常緑広葉樹700本を植樹しました。おだやかな天候の中作業もはかどり、また、隣のABC祭会場からバリィさんも駆け付け、記念撮影に加わりました。
 今回の植樹により「すすめる会」の植樹活動は49回を数え、植樹本数は4万6千本を超えています。

区切線

「第14回マドンナカップ」開催
緑帯線
平成29年3月8日(水)~10日(金)

写真:「第14回マドンナカップ」開催

 3月8日からマドンナスタジアムなどで、日本女子ソフトボールリーグ1部所属チームを含む10チームが参加して「第14回マドンナカップ」が開催され、熱戦が繰り広げられました。リーグは4月22日に開幕し、5月6日7日には、坊っちゃん球場で、デンソーと豊田自動織機を迎えたホームゲームが開催されます。今年も熱いご声援をお願いします。

PDF プレスリリース[PDF:39KB]


区切線

「西予市野村町予子林地区火災」義援金贈呈
緑帯線
平成29年3月8日(水)

写真:「西予市野村町予子林地区火災」義援金贈呈

 西予市野村町予子林地区火災により被災された皆さまに対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
 被災された皆さまの復興に役立てていただくために、グループの役職員から集まった120万円余りの義援金を、西予市に寄付させていただきました。


PDF プレスリリース[PDF:52KB]


区切線

「お仕事フェスタ2017」で銀行員ブースを出展!
緑帯線
平成29年3月4日(土)・5日(日)

写真:「お仕事フェスタ2017」で銀行員ブースを出展!

 河原学園様主催で、小・中・高校生等を対象にした職業体感イベントが開催されました。
 会場のアイテムえひめには、2日間で110種の職業紹介ブースや40種の職業体験ブースが出展され、愛媛県内全域から多くの学生たちが詰め掛けました。当行ブースでも、高校生からは「銀行員になるには?」という相談や、お札を勘定する練習などの銀行員体験にたくさんの子どもたちに立ち寄っていただきました。

区切線

「いよぎんアイデアソンChallenge 2017」開催
緑帯線
平成29年3月4日(土)

写真:「いよぎんアイデアソンChallenge 2017」開催

 本店4Fホールで、富士通協賛「いよぎんアイデアソンChallenge 2017」を開催しました。
 当日は、県内外から、多彩な職業、年齢の50名が参加、「愛媛の魅力を再発見しよう」をテーマに、地域活性化につながるアイデアについて話し合われ、出されたアイデアには、愛媛大学などからお招きしたコメンテーターによる講評も行われました。今後も、オープンイノベーションの考え方を取り入れた同様のイベントに取り組んでまいります。


PDF プレスリリース[PDF:447KB]


区切線

過去のCSR活動報告

○平成29年
 
○平成28年
○平成27年
○平成26年
○平成25年
○平成24年
○平成23年

伊予銀行
Facebook LINE YouTube
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.