伊予銀行 金融機関コード:0174

大
中
小
文字サイズ
トップ > 伊予銀行について > いよぎんのCSR > CSR活動報告 > CSR活動報告(平成24年11月~12月)
いよぎんについて
Web完結申込サービス

CSR活動報告(平成24年11月~12月)


事務センターでもバザー開催
緑帯線
平成24年12月17日(月)

写真:事務センターでもバザー開催

 毎年恒例の「事務センターチャリティーバザー」が5階食堂で開催されました。
 当日は、システム部、事務集中センター、いよぎんコンピュータサービスなど多くの皆様から寄せられた商品を、午前11時から午後2時30分まで販売し、盛会のうちに終了しました。
 今回の売上金128,303円は、すべて「NHK歳末たすけあい、NHK海外たすけあい」に寄付させていただきました。


区切線

毎年恒例!営業部で「ふれあい感謝バザー」開催
緑帯線
平成24年12月8日(土)

写真:毎年恒例!営業部で「ふれあい感謝バザー」開催

 本店営業部では、毎年恒例の「ふれあい感謝バザー」を、本店別館駐車場で行いました。
 当日は、午前10時のスタート前から大勢のお客さまにお越しいただき、役職員から寄せられたたくさんの商品を販売することができました。
 今回の売上金92,520円は、すべて「伊予銀行社会福祉基金」と「松山市のまごころ銀行」へ寄付させていただきました。


区切線

エコノミクス甲子園、エミフルMASAKIで開催!
緑帯線
平成24年12月1日(土)

写真:エコノミクス甲子園、エミフルMASAKIで開催!

 高校生が金融知力を競い合う「エコノミクス甲子園愛媛大会」が行われました。
 県内高校から23チーム46名の高校生が筆記試験と早押しクイズにチャレンジし、買い物に訪れた多くのお客さまにからも熱い声援をいただきました。
 昨年優勝した先輩から名前を引き継いだ松山西中等教育学校の「マネタリズム」チームが優勝、東京で行われる全国大会へと駒を進めました。

PDF プレスリリース[PDF:90KB]

区切線

今年も点字カレンダーを贈呈しました
緑帯線
平成24年11月29日(木)

写真:今年も点字カレンダーを贈呈しました

 当行が社会貢献活動の一環として取り組んでいる点字カレンダーの贈呈式が行われ、愛媛県視覚障害者協会様に平成25年度版点字カレンダーを550部贈呈しました。
 この「点字カレンダ-」の贈呈は、平成4年から実施しており、今年で21回目となります。昨年に引き続き、表紙には「野村学園」の学園生が制作した版画詩を採用しています。

PDF プレスリリース[PDF:34KB]

区切線

パネルリングでPRを!
緑帯線
平成24年11月28日(水)

写真:パネルリングでPRを!

 「Bike&Cycle Shop・・・ing」様のご協力を得て、「みきゃん」や「とりカエル」をかわいらしくデザインした「パネルリング」を、当行の自転車7台に装着しました。
 「パネルリング」は、愛媛県がベンチャー企業等の販路開拓を支援することを目的に創設した「新商品生産による新事業分野開拓者認定制度」で認定された新商品で、自転車等のスポークに装着することにより、視認性向上による交通事故防止や盗難防止、広告の効果があります。

PDF プレスリリース[PDF:186KB]

区切線

「いよぎん みらい起業塾」設立
緑帯線
平成24年11月27日(火)

写真:「いよぎん みらい起業塾」設立

 全日空ホテルで「いよぎん みらい起業塾」オープニングセミナーを開催しました。
 当日は県内の起業家など約90名が参加し、起業の動機や起業時の課題や解決策などの体験談を受講しました。
 今後、「いよぎん みらい起業塾」参加者の皆さまに必要な知識、資金調達、地域支援機関の活用方法などを幅広くご提供し参加者のネットワーク形成のサポートを通じて、愛媛県内の地域活性化に貢献していきます。

PDF プレスリリース[PDF:313KB]

区切線

えひめ・まつやま産業まつり「すごいもの博2012」が今年も盛大に開催されました!
緑帯線
平成24年11月24日(土)・25日(日)

写真:えひめ・まつやま産業まつり「すごいもの博2012」が今年も盛大に開催されました!

 初回となった昨年に引き続いて、愛媛県と松山市が共同開催する一大イベント「すごいもの博2012」が、11月24日、25日の2日間にわたり、松山市城山公園堀之内地区で開催されました。
 両日ともに天候にも恵まれ、会場は多数の来場者で賑わいました。
 当行の特設ブースでは「えひめスイーツコンテスト」プロ部門で受賞した焼き菓子4品を販売。大盛況のうちに1,000個以上のお菓子を完売し、お客さまの笑顔に癒された、素晴らしい2日間となりました。


区切線

環境基金「エバーグリーン」は、愛媛県内の環境保全活動を側面からサポートしています!
緑帯線
平成24年11月21日(水)

写真:境基金「エバーグリーン」は、愛媛県内の環境保全活動を側面からサポートしています!

 第5回公益信託伊予銀行環境基金「エバーグリーン」助成金贈呈式が行われ、昨年を上回る23先から選ばれた14団体に対して、約5百万円の助成金目録が贈呈されました。
 当日は、助成団体を代表して蒋淵湾(こもぶちわん)活性化プロジェクトに取り組む住民団体「こもねっと」の代表による発表が行われ、発表後には活発な質疑応答も行われました。

 今後も、より一層の認知度向上や制度の充実に努めて参ります。

PDF プレスリリース[PDF:138KB]

区切線

「森のあるまちづくり」、松山競輪場で共同植樹祭開催
緑帯線
平成24年11月11日(日)

写真:「森のあるまちづくり」、松山競輪場で共同植樹祭開催

 松山市市坪の松山競輪場で「森のあるまちづくり」をすすめる会による共同植樹祭が開催され、松山市副市長をはじめ29の会員企業・団体から約300名、当行からは約100名が植樹祭運営のスタッフとして参加しました。
 あいにくの雨模様の中、開会式では森田会長から松山市副市長へ苗木の寄贈セレモニーがあり、その後8つのエリアに分かれて1,500本の苗木を植樹いたしました。
 「森のあるまちづくり」をすすめる会では、現在会員企業数が61団体まで広がり、今回の植樹本数を合わせて累計で28,850本となりました。
 今後も身近なところに本物の森を作るために活動を続けてまいります。


区切線

「こんなスイーツ食べてみたい」展示販売会、大盛況!
緑帯線
平成24年11月10日(土)

写真:「こんなスイーツ食べてみたい」展示販売会、大盛況!

 松山銀天街の河原学園スタジオにて、「こんなスイーツ食べてみたい」展示販売会が開催され、当行の女子会企画で生まれたオリジナルスイーツや学生考案のスイーツコンテスト入選作品を販売しました。
 当日はテープカットセレモニーの後午前10時から販売をスタート。オープンと同時にたくさんのお客さまが来店され、用意していたスイーツ850個はなんと2時間半で完売。予定より3時間も早く店じまいをするという想定外の結果になりました。お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

PDF プレスリリース[PDF:60KB]

区切線

がんばれ愛媛FC!伊予銀行サンクスデー開催
緑帯線
平成24年11月4日(日)

写真:がんばれ愛媛FC!伊予銀行サンクスデー開催

 愛媛FC「伊予銀行サンクスデー」が砥部町のニンジニアスタジアムで開催され、県内外から6,491名のサッカーファンが応援に駆けつけました。
 当行からも総勢1,070人の大応援団が、今期ホーム最終戦となる愛媛FCに大きな声援を送りました。また、試合前に行われたピッチサイドカメラマン企画には約40名のカメラマンたちが集まり、普段入ることのできない報道カメラエリアでの撮影を堪能されていました。試合結果は3対1の快勝、来期の飛躍につながる勝利に会場は大いに盛り上がりました


区切線

「第1回しまなみランニングバイク選手権」行員が運営をお手伝い
緑帯線
平成24年11月3日(土)

写真:「第1回しまなみランニングバイク選手権」行員が運営をお手伝い

 今やサイクルニストの聖地であるしまなみ海道。その発着点である今治市。
 この日、ランニングバイク選手権の会場である今治城は2~5歳児までの子供たちの熱き戦いの場となっていました。ランニングバイクとは、ペダルのない自転車のことで、自転車を乗り始める前の子どもにはちょうど良いものです。大会運営には当行からも、6人がボランティアで参加し、お手伝いをさせて頂きました。
 国際色豊かに繰り広げられた戦いで、笑いあり涙ありのとても楽しい時間を過ごすことができました。


区切線

松山北高校、北条高校が本店で職場体験学習
緑帯線
平成24年11月1日(木)・2日(金)

写真:松山北高校、北条高校が本店で職場体験学習

 11月1日には松山北高校から14名、2日には北条高校から12名が職場体験学習のため本店を訪れました。
 講義では、銀行業務について学んだ後、名刺交換や電話応対のロープレなどで社会人としてのマナーを学んでいただきました。
 生徒からは様々な質問が出され、これからの進路や就職への参考になったようです。


区切線

過去のCSR活動報告

○平成29年
 
○平成28年
○平成27年
○平成26年
○平成25年
○平成24年
○平成23年

伊予銀行
Facebook LINE YouTube
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.