伊予銀行 金融機関コード:0174

大
中
小
文字サイズ
トップ > 伊予銀行について > いよぎんのCSR > 福祉・教育・地域活性化 > 公益信託愛媛県災害ボランティアファンド
いよぎんについて
Web完結申込サービス

公益信託愛媛県災害ボランティアファンド

当行は、平成18年6月に愛媛県から「公益信託愛媛県災害ボランティアファンド」を受託しました。
本公益信託は、愛媛県が災害時のボランティア活動を支援するために4,000万円を拠出して設立したもので、県では県内の市町や民間から寄付金を募集しており最終的には8,000万円のファンドになることを目標としています。
当行は、設立趣旨に賛同するとともに、県民全体で支え合うという本公益信託の一助になればとの思いから、当行の全役職員から寄付を募るなど、本公益信託の受託者として地域の生活環境づくりのお手伝いをさせていただいております。
なお、「公益信託愛媛県災害ボランティアファンド」の概要は以下のとおりです。

  1. 設立日
    平成18年6月28日
  2. 設立趣旨
     平成16年の一連の台風災害において災害ボランティアの活動の取組を教訓に、今後、発生が予想される南海地震等の大規模災害時に県・市町災害救援ボランティア支援本部に対し活動資金を助成し、ボランティアの初期活動を円滑に行うため設定されたもの。
  3. 当初信託財産
    40百万円
  4. 助成制度の概要
    支給対象者  県・市町に設置した災害救援支援本部の代表者
    支給対象
    災害
    1. 災害救助法が適用された県内の災害
    2. 大規模な事故が原因により生じた災害
    支給額
    1. 支援本部からの申請に基づき直ちに下記金額の範囲内で助成する
      ア.震度6以上の地震災害 300万円
      イ.災害救助法が適用されたア以外の災害 200万円
    2. 「1.」に掲げる金額を超過した場合や大規模事故が原因の災害は必要額
    助成対象
    となる経費
    1. 支援本部の備品費、消耗品費、修繕費など資機材等の確保に要する経費
    2. 支援本部が要する通信費、交通費、光熱水費、支援本部スタッフ及び支援本部で登録して活動するボランティアの保険料・食料費等

本公益信託の詳細につきましては、愛媛県のホームページをご参照ください。


以上

伊予銀行
Facebook LINE YouTube
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.