伊予銀行 金融機関コード:0174

大
中
小
文字サイズ
トップ > 伊予銀行について > いよぎんについて > 頭取メッセージ
Web完結申込サービス
頭取メッセージ
取締役頭取 大塚 岩男 写真

ご挨拶

 皆さま方には平素から私ども伊予銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
 日本経済は、海外経済の不確実性や金融市場の変動など懸念材料が残るものの、輸出の持ち直しや、五輪関連の設備投資の増加による内需の下支えもあり、基調としては緩やかな回復が続くと期待されます。
 一方で、少子高齢化や人口減少社会の到来、地域間格差の拡大、さらには金融業界における「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」導入、FinTechの台頭など、当行を取り巻く経営環境は、ますます厳しさを増しております。
 私は、こうした環境変化に対応し、地域とともに持続的に成長していくために、長期的な指針である「10年ビジョン」に基づき、「2015年度中期経営計画~First Stage for 150~」に取り組んでまいりました。「First Stage」は本年度が最終年度となりますが、引き続き、「新たな成長戦略への挑戦」「経営資源の最適化」の2つの基本方針と「組織風土の変革」を含めた基本戦略に基づく諸施策を推進してまいります。
 また、昨年11月に、阿波銀行、百十四銀行および四国銀行の3行と四国創生に向けた包括的な提携として「四国アライアンス」を締結いたしました。4行それぞれの経営の独立性および健全な競争関係を維持しつつ、四国全域の活性化に連携して取り組むことで、各地域およびお客さまの持続的な成長・発展に貢献してまいります。
 私たちは、「潤いと活力ある地域の明日を創る」という企業理念のもと、地域と皆さまへの感謝の気持ちを忘れることなく、「瀬戸内圏域お客さま満足度No.1の金融サービスグループ」の実現に向け、一丸となって業務に取り組んでまいりますので、引き続き一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

平成29年8月
取締役頭取  取締役頭取 大塚 岩男 サイン
伊予銀行
Facebook LINE YouTube
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.