伊予銀行 金融機関コード:0174

大
中
小
文字サイズ
トップ > 外国為替取引に関する基本方針
Web完結申込サービス

外国為替取引に関する基本方針

 当行は、グローバル外為行動規範を遵守し、「外国為替取引に関する基本方針」(以下、「本基本方針」といいます)を策定し、お客さまに対して外国為替取引を提供してまいります。
 本基本方針は、当行とお客さまとの個別合意ならびにお取引に適用される法律および規制(規則)に優先するものではありません。
1.お客さまとの取引における当行の役割
(1)当行は、お客さまと個別に合意を行った場合を除き、原則自己の勘定で取引当事者(プリンシパル)として外国為替取引業務に従事します。当行は、お客さまの代理人(エージェント)、受託者もしくは金融アドバイザーまたはそれらに類似する立場において行動するものではありません。
(2)当行は外国為替取引を執行するにあたり、当行におけるリスク管理等を目的として、市場で取引を行うことがあり、当行とお客さまとの間に利益相反が発生する可能性があります。当行は「当行における利益相反管理の方針の概要」に基づき、誠実に業務を履行するとともに、外国為替市場に適用されるあらゆる法律、規則および規制を理解し、遵守します。
2.当行からの情報提供
 当行がお客さまに提供する各種資料、レポート等は、情報提供のみを目的としており、お取引の勧誘を目的としたものではありません。また、当行は各種資料、レポート等に掲載された情報の正確性、完全性に関して保証するものではありません。お取引に関する最終決定はお客さまご自身の判断でなさいますようお願いします。
3.取引執行
(1)当行は、外国為替取引に関して、誠実性、透明性および公平性をもって業務を履行します。
(2)当行は、お客さまとの取引において、電子プラットフォーム(いよぎん外為インターネットサービス)を利用することがあります。当該システムの利用により、適切にお客さまへレートを呈示します。いよぎん外為インターネットサービスの取扱いについては、別途定める「ご利用規定」をご参照ください。
(3)当行がお客さまの注文の執行(一部またはすべてを問わず)が完了したと判断したことをもって、取引約定となり、マーケットリスクは取引が約定された時点でお客さまに移転されます。
(4)当行は、個別の合意がない限り、お客さまの注文をほかのお客さまの注文と同時に取り扱うか、時間順で取り扱うか、執行方法が電子取引によるか、注文を執行するのかどうか、いつどのように執行するか、一部またはすべてを執行するかなどについて、合理的な裁量を有します。当行は、ほかのお客さまの注文を執行していることおよびお客さまの注文と同時に、または合計してほかの取引を執行していることを開示する義務を負いません。
(5)当行は、為替変動リスクなどの管理を目的に、適切と判断するタイミングおよび手法により、お客さまとの取引の前にカバー取引を行う場合があります(プリヘッジ)。当該取引を行う場合は、お客さまに不利益を生じさせる、または市場を混乱させる意図では行いません。
(6)リスク管理、流動性の確保その他の理由により、お客さまの指値注文等に近い水準で他のお客さまの取引が執行される可能性があります。他のお客さまの取引執行が為替レートに影響を与え、お客さまの注文の条件を発動させることがあります。
4.お客さまとの取引価格
(1)個別の合意がない限り、当行がお客さまとのお取引にあたって呈示する最終的な取引価格は、市場実勢の価格にマークアップを加えた価格です。マークアップとは、当行が引き受けるリスク、コスト、特定のお客さまに提供するサービス等に対して当行が頂くスプレッドもしくは手数料のことです。マークアップが決定される要素としては、マーケットリスク、流動性リスク、信用リスク、取引執行リスク、お客さまの取引状況および信用状況等があります。
(2)市場実勢の価格がお客さまのオーダー水準に達したとしても、マークアップを含む当行の総合的な判断により、お取引を執行できない場合があります。同一または類似の取引であっても、取引状況や市場環境等により、当行が呈示する最終的な取引価格は他のお客さまと異なる場合があります。当行は取引から得る当行の収益額および取引価格の内訳を開示する責務を負いません。
5.情報の取扱い
(1)当行は、お客さまの情報の保護について各種法令や当行の情報取扱い方針等に基づき、機密性および安全性の確保に努めてまいります。ただし、法令に基づく場合や監督当局等に対する義務の一環として、監督当局等から要請があれば、お客さまの情報を開示することがあります。
(2)当行は、お客さまの取引条件に関する情報を、お客さまからの依頼に応えるためのヘッジやリスク管理の軽減のための取引執行のために利用することがあります。執行された取引に関しては、リスク管理やマーケティング、取引のプライシング等の目的で分析に利用することがあります。
(3)当行は、お客さまの注文および執行された取引に関する情報を、合算し、匿名化、一般化したうえで、当行内で共有、または第三者に開示することがあります。
以上
伊予銀行
Facebook LINE YouTube
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.