伊予銀行

金融機関コード:0174
トップ > ライフイベント > セカンドライフ
文字サイズ
小中大
LIFE EVENT
個人のお客さま法人のお客さま
いよぎんダイレクトログイン いよぎんインターネット支店ログイン
いよぎんインターネットEBログインいよぎん外為インターネットログイン
就職
結婚
子育て
住宅
セカンドライフ
ライフイベントにあわせたご提案〜お客さまのライフイベントに合わせて、必要なお手続きのほか、便利な商品・サービス情報をご提案いたします。〜
セカンドライフ〜充実したセカンドライフのプラン作りのために検討しておくことは?〜

セカンドライフ

セカンドライフのマネープラン

ゆとりあるセカンドライフ実現に向けて、年金の受け取りのほか、必要になる「老後資金」について確認しておきましょう。

老後資金

セカンドライフに必要な費用(夫婦2人/月額)
・ゆとりある老後の生活費 月額約36万円
<出所>財団法人生命保険センター(平成22年度生活保障に関する調査)
退職後に夫婦2人がゆとりある生活を望む場合、必要といわれる費用は月額約36万円。年間では約439.2万円、仮にセカンドライフが23年間続くと約1億円が必要です。
退職金 定年退職した場合の平均退職金額
大卒 高卒
(管理・事務・技術職)
高卒
(現業職)
2,075万円 1,690万円 1,159万円
<出所>厚生労働省「平成20年就労条件総合調査結果の概況」

商品・サービスのご提案

セカンドライフを楽しむための資産運用などについて、専門のスタッフのアドバイスを参考にしましょう。
伊予銀行では、お客さまの大切な資産のニーズに合わせた運用をお手伝いいたします。お近くのいよぎんのスタッフまでお気軽にご相談・お問い合わせください。

各種お手続きのご案内

万が一相続が発生した場合、遺産を相続人の方が相続するためには、必要な書類をそろえていただく必要があります。

相続のお手続き

相続が発生しますと、相続のお手続き内容によってそろえていただく書類が異なります。どの相続手続に該当するか確認していただき、必要な書類については、相続手続時の必要書類一覧表をご確認ください。

相続手続内容

  • 相続人の話し合いにより、相続する人が決まっている場合
  • 相続人を決める前に、相続人全員へ払戻する場合
  • 遺言書で遺言執行者が定められている場合
  • 遺言書はあるが遺言執行者が定められていない場合
  • 遺産分別協議書で、預金等を相続する方が確認できる場合
  • 遺産分別協議書で、預金等の相続人が特定できない場合

ご相談・お問合わせ

相続手続きについて、お気軽にお近くのいよぎんまでご相談・お問い合わせください。

いよぎんテレホンセンター

受付時間/9時〜20時(銀行休業日は除きます)

0120-64-1414

年金フリーダイヤル

受付時間/9時30分〜15時(銀行休業日は除きます)

0120-02-5514
お近くの<いよぎん>の窓口
店舗・ATMのご案内のページへ
伊予銀行
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.