伊予銀行 金融機関コード:0174

大
中
小
文字サイズ
トップ > お客さまへの重要なお知らせ一覧 > 盗難通帳(証書)、インターネットバンキング等による預金等の不正な払戻しへの対応について > 「重大な過失」または「過失」となりうる場合
Web完結申込サービス

「重大な過失」または「過失」となりうる場合

1.お客さまの「重大な過失」となりうる場合

お客さまの「重大な過失」となりうる場合とは、「故意」と同視しうる程度に注意義務に著しく違反する場合であり、その典型的な事例は以下のとおりです。

(1) お客さまが他人に通帳や証書(届出印が押印されたもの等)を渡した場合
(2) お客さまが他人に記入・押印済みの払戻請求書、諸届を渡した場合
(3) その他お客さまに(1)および(2)の場合と同程度の著しい注意義務違反があると認められる場合

※上記(1)および(2)については、病気の方が介護ヘルパー(介護ヘルパーは業務としてこれらを預かることができないため、あくまで介護ヘルパーが個人的な立場で行った場合)などに対してこれらを渡した場合など、やむを得ない事情がある場合はこの限りではありません。


2.お客さまの「過失」となりうる場合

お客さまの「過失」となりうる場合の事例は、以下のとおりです。

(1) お客さまが通帳や証書(届出印が押印されたもの等)を他人の目につきやすい場所に放置するなど、第三者に容易に奪われる状態に置いた場合
(2) お客さまが届出印の印影が押印された払戻請求書、諸届を通帳や証書とともに保管していた場合
(3) お客さまが印章を通帳や証書とともに保管していた場合
(4) その他お客さまに(1)から(3)の場合と同程度の注意義務違反があると認められる場合

以上

伊予銀行
Facebook LINE YouTube
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.