伊予銀行 金融機関コード:0174

大
中
小
文字サイズ
トップ > 採用情報 > POSITIVE ACTION ワーク・ライフ・バランス
Web完結申込サービス

POSITIVE ACTION ワーク・ライフ・バランス

女性活躍推進宣言

  伊予銀行は、お客さま、株主さま、地域のみなさま、そして、すべての従業員にとって、もっともっと魅力のある銀行を目指しています。では、魅力のある銀行とはどのような銀行でしょうか。統計データによると、金融業界は「医療・福祉」や「宿泊・飲食サービス業」などに続いて全産業中、4番目くらいに女性の比率の高い業種です。つまり、女性一人ひとりがいきいきと輝ける職場にならないと、そもそも魅力ある銀行とは言えません。そして、女性がいきいきと輝ける職場は、男性にとっても働きやすく活力にあふれた魅力のある職場になると考えています。
 こうした理想を実現するという強い想いを、役職員で共有するために、この「女性活躍推進宣言」を策定しました。
女性活躍推進宣言

いよぎんきっずらんど

 女性の就業継続やキャリア形成をサポートするための環境整備の一つとして設置しました。企業の社会的責任として次世代を担う子供たちが健やかに育つ環境を整備するとともに、働きながら子育てをする女性をサポートし、多様な人材の活躍推進への取組みを今後も積極的に進めてまいります。
いよぎんきっずらんど

~企業における女性の活躍状況の「見える化」~

 企業における女性の活躍を推進していくためには、企業の現状を就活中の学生等のみなさまから「見える」ようにし、自主的な取り組みが他の企業に波及していくような仕組みが必要です。
 当行では内閣府の取り組みに賛同し、管理職への女性の登用、仕事と生活の両立推進等に関する情報を公表しています。
企業における女性の活躍状況の「見える化」

POSITIVE ACTION

 当行では女性管理職比率を10%にするという目標を掲げ、女性の積極的な活用を進めていますが、平成25年にこの取り組みが評価され、厚生労働省が実施している「均等・両立推進企業表彰」において、愛媛県で初となる愛媛労働局長優良賞(均等推進企業部門)を受賞しました。
POSITIVE ACTION

一般事業主行動計画(くるみん・プラチナくるみん)

役職員全員が仕事と子育てを両立させることができる働きやすい環境をつくることによって、その能力を十分に発揮できるようにするため、平成17年から次世代育成対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を策定し、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて取り組んでいます。
これまで、行動計画に定めた取り組みを着実に実践し、平成20年に愛媛県で第1号の認定を取得し、平成25年に2回目、平成27年に3回目の認定を取得しております。
そして、平成29年度に、愛媛県内企業で初めて、社員の子育てをより高い水準でサポートする特例認定企業として、厚生労働大臣より「プラチナくるみん」の認定を受けました。
次世代認定マーク(愛称:くるみん)
くるみん
<次世代育成対策推進法(くるみん)>
時期
行動計画
計画期間
目標(実施状況)
H17年 第1期行動計画 H17/4-H22/3
H17/4-H20/3
に繰り上げ
・看護休暇制度を有給化
・男性育児休業取得者1名以上
・女性育児休業取得率70%以上
・子が小学校に入学するまでの所定外労働免除措置導入
H20年 (「くるみん」認定取得) 上記目標を繰り上げて達成し認定取得(県内第1号)
H20年 第2期行動計画 H20/4-H25/3
・育児休業期間の一部有給化
H25年 (「くるみん」認定取得) 上記目標を達成し、2回目の認定取得
H25年 第3期行動計画 H25/4-H27/3
・行内イントラ上にワーク・ライフ・バランス関連制度に関するコンテンツを新設し、制度の周知徹底を図る
・年次有給休暇の取得を促進し、ワーク・ライフ・バランスを推進するため、子の誕生日を始めとした記念日等に取得する制度休暇を新設する
H27年 (「くるみん」認定取得) 上記目標を達成し、3回目の認定取得
H27年 第4期行動計画 H27/4-H29/3
・子育てを行う行員を支援する制度の充実を図る
・年次有給休暇の取得を促進し、ワーク・ライフ・バランスを推進する
(有給休暇取得率50%以上)
H29年 (「プラチナくるみん」認定取得) 上記目標を達成し、特例認定取得(県内第1号)
H29年 第5期行動計画 H29/4-H32/3
・子育てを行う行員を支援する環境の整備を行うため、事業所内保育所を設置し利用促進を図る。
・働き方改革を推進し、正社員の法定時間外労働時間を月平均15時間以内とする。
<女性活躍推進法>
1.計画期間
2018年4月1日から2021年3月31日
2.目標および取組内容
目標
取組内容と実施時期
実施時期
目的
取組内容
従業員全体の所定外労働
時間数月平均15時間以内
2018年4月~ 意識改革 働き方改革運動~スマートワーキングチャレンジ~の継続実施
2018年4月~ 環境整備 フレックスタイム制度および勤務間インターバル制度の導入・運用
2018年10月~ 能力開発 人財評価・育成プロセスの再構築および能力開発の促進
従業員全体の有給休暇取
得率70%以上
2018年4月~ 意識改革 働き方改革運動~スマートワーキングチャレンジ~の継続実施
2018年4月~ 意識改革 イクボス関連施策の継続実施
伊予銀行
Facebook LINE YouTube
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.