伊予銀行 金融機関コード:0174

大
中
小
文字サイズ
トップ > ためる・ふやす > 国債 > 新型窓口販売方式国債
Web完結申込サービス

新型窓口販売方式国債

概要

  10年固定利付国債 5年固定利付国債 3年固定利付国債
商品内容はこちらへ>>
満期 10年 5年 2年
金利タイプ 固定金利
金利
設定方法
発行毎に市場実勢に基づき財務省で決定
発行条件はこちらへ>> 発行条件はこちらへ>> 発行条件はこちらへ>>
利払い 半年毎に年2回
購入単位 最低5万円から5万円単位
購入限度額 1申込みあたり3億円
販売価格 発行毎に財務省で決定
発行月 毎月(年12回)
今後の発行スケジュールはこちらへ>>
安全性 元本や利子の支払いは日本国政府が責任を持って行います。また、ペーパーレスであるため、偽造・盗難・紛失の恐れがなく、元本や利子の受け取りを忘れることもありません。
収益性
購入後市場の金利が上昇していくと…
元本 時価が目減りするので、償還期限前に売却する場合には、売却損が出ることもあります。
利子 変わりません
購入後市場の金利が下降していくと…
元本 時価が増えるので、償還期限前に売却する場合には、売却益が出ることもあります。
利子 変わりません
流動性
(中途換金)
市場でいつでも売却が可能(売却 益/損 が発生)
国の買い取りによる中途換金制度はありません

【ご注意ください】 手数料・リスク等について

新型窓口販売方式の国債の市場価格は、基本的に市場の金利水準の変化に対応して変動します。金利が上昇する過程では債券価格は下落し、逆に金利が低下する過程では債券価格は上昇することになります。したがって、償還日より前に換金する場合には市場価格での売却となりますので、売却損が生じる場合があります。また、市場環境の変化により流動性(換金性)が著しく低くなった場合、売却することができない可能性があります。
新型窓口販売方式の国債は、発行体である日本国政府の信用状況に変化が生じた場合、市場価格が変動することによって売却損が生じる場合があります。
新型窓口販売方式の国債の購入時には初回の利子の調整額を払い込む必要があります。なお、初回の利子の調整額は、売却又は償還した場合における所得税の計算上、取得費として加算できます。
国債の利子は、受取時に20.315%(法人の場合、15.315%)分の税金が差し引かれます。
国債の売却・償還により生じた利益は申告分離課税の対象となります。なお、国債の売却・償還により売却損・償還差損が生じた場合、他の上場株式等の売却益や配当等と損益通算することができます。
国債の購入に際しては、購入対価のみをお支払いただき、手数料はかかりません。
国債は、当行に開設された国債の振替口座で管理されることになります。当行では、口座管理手数料を無料としております。
市場の金利状況によっては、募集を行わないことがあります。
国債のお取り引きは、クーリング・オフの対象にはなりません。
国債は、預金ではありませんので、預金保険の対象とはなりません。
お取り引きにあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みください。

ご相談・お問合わせ

お近くの<いよぎん>の窓口
国内全店(ローンプラザ松山支店・インターネット支店を除く)の窓口でお取り扱いしております。

店舗・ATMのご案内のページへ

いよぎんテレホンセンター
受付時間/9時~20時(銀行休業日は除きます)

 
0120-64-1414

伊予銀行
Facebook LINE YouTube
≪登録金融機関の概要≫
商号等:株式会社伊予銀行 登録番号:四国財務局長(登金)第2号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
Copyright(c) THE IYO BANK,Ltd.All Rights Reserved.