伊予銀行地域文化活動助成制度

制度趣旨と応募要領

伊予銀行地域文化活動助成制度のご案内

趣 旨

 本制度は、地域文化の発展と向上にお役に立ちたいとの願いから、愛媛県内で歴史的重要性や伝統性等に優れた「草の根的」な文化活動を行っている団体・グループに対して、その活動資金の一部を助成させていただく制度です。

応募方法

 後掲の「地域文化活動助成申請書」にご記入の上、最寄りの伊予銀行の窓口にお申込みいただきます。なお、応募にあたっては、お取引の有無は一切関係ありません

応募期間とスケジュール

 年2回のサイクルで募集を行います。
 【 募集期間  1回目:12月~1月下旬  2回目:6月~7月下旬 】

※助成決定までの審査期間として、募集締切から3ヶ月程度のお時間をいただきます。

①申請書類提出 最寄りの伊予銀行の支店窓口へご提出ください。
②書類審査 支店長推薦を経て担当部で書類審査いたします。この時点で要件に満たない場合は、お断りすることもあります。ご了承ください。
③面談・ヒアリング 活動内容に関して詳細をヒアリングさせていただきます。
④文化振興顧問団会議 県内有識者により、活動内容についての検討・審査を行います。
⑤助成決定 助成金額は、活動内容や実績、助成事例等により決定されます。
⑥選考通知 選考結果は、各推薦店を通じてお知らせします。
⑦助成金贈呈 贈呈式は、松山市内の会場で行います。
⑧活動報告書の提出 助成活動完了後、報告書をご提出いただきます。

「伊予銀行文化振興顧問団委員」のメンバーについて

 愛媛県内の有識者からなる「伊予銀行文化振興顧問団」を編成し、当行の文化助成事業全般にわたってご助言・ご提言を頂いております。

氏 名 現 職
三木 吉治 氏 愛媛大学名誉教授(元学長)
新居田 大作 氏 今治地方文化交流会 顧問
竹田 美喜 氏 松山市立子規記念博物館 総館長
森  正康  氏 愛媛県文化財保護審議会 会長(松山東雲短期大学名誉教授)
大本 敬久 氏 愛媛県歴史文化博物館 専門学芸員

助成要件

助成金使途

活動に関する道具類の購入や発行物の費用、催物等の実施経費の一部とします。
(通常の活動費用や飲食代等にはご利用いただけません。)

具体的活動事例

分 野 具体的活動事例
音楽 コーラス・声楽・器楽・邦楽 等
美術 絵画・写真・彫刻・陶芸 等
演劇 演劇・ミュージカル・人形劇 等
文芸 俳句・短歌・川柳・現代詩・文人顕彰 等
郷土芸能 獅子舞・鹿踊り・牛鬼・伝承踊り・文楽 ・神楽 等
創作芸能 創作太鼓・創作民謡・現代舞踊 等
郷土史 郷土史・民俗学・文化財の調査研究 等
国際交流 国際交流活動 等
生活文化 習俗伝承・創作事業・児童育成(読み聞かせ等)・演劇招聘・里山整備 等
自然科学 動植物の調査保護研究 等

※上記は一例です。ご不明な場合は、事務局か、お近くの伊予銀行へご相談ください。
「草の根的」な文化活動に該当しない場合は、対象外となるケースもありますので、ご了承ください。

申請要件チェックリスト

本制度の趣旨に適っているかどうかのご判断について、下記チェックリストをご参照ください。

1 団体あるいはグループとして複数人数で活動している。 YES・NO
2 10年以上、地域に根ざした文化活動を継続的に運営し、活発に活動している。 YES・NO
3 過去10年間、本制度による助成を受けたことがない。 YES・NO
4 趣味やお稽古事の延長ではなく、レクリエーションの範囲を超えた文化活動を行っている。 YES・NO
5 ボランティアや福祉、地域おこしイベントに特化せず、文化的な性質を持った活動を行っている。 YES・NO
6 営利を目的とした活動や、個人的な利益に結びつく活動ではない。 YES・NO
7 特定の宗教や思想、政治団体との特別な結びつきはない。 YES・NO
8 構成員を含め、反社会的勢力に該当しない団体・グループである。 YES・NO
9 地公体が主催する事業の開催や、地公体が主体となった運営ではない。 YES・NO
10 連盟や協会等に属する場合、事務局的な活動ではなく、自主的・創造的に活動している。 YES・NO
11 年間の活動計画や収支が明確で、組織として構成されている。 YES・NO
12 活動を次代へ継承していくための方策(後継者対策等)を講じている。 YES・NO

※上記はあくまでも目安の一部です。 ご不明な場合は、事務局か、お近くの伊予銀行へご相談ください。なお、ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

お申込みに必要な書類

1.地域文化活動助成 申請書  全4枚

 団体設立経緯や活動内容等、申請書に記載する内容を記した資料がある場合は、それらのコピーを添付することで、記載の一部を省略することができます。
 応募要領(申請書)は、窓口にお申し付けいただくか、以下からダウンロードしてご利用ください。

2. 活動状況を撮影した写真  5枚以上

 可能であれば、電子記録媒体(CD・USB・SDカード等)でご提出ください。(後日返却いたします。)メールでの受付も可能です。
 申請内容が道具類の新調・修繕の場合は、対象物の写真もあれば添付願います。

ご相談やお問い合わせはこちらから

【地域文化活動助成制度 事務局】

〒790-8514 松山市南堀端町1番地 伊予銀行 広報CSR室

089-907-1011

受付時間/9:00~17:00(銀行休業日は除く)

 

iyo011n669wt@iyobank.co.jp