「公益信託池田育英会トラスト」のご案内

1.設定趣意書

科学技術を中心とする学術の発展は、先進諸国を中心に人類福祉の飛躍的な向上を可能にしました。一方、近年では、人間破壊や社会破壊が随所で見られるなど、学術のもたらす負の面も目に付くようになってきました。今ほどその中身の大切さが問われているときはありません。
私は、永年にわたり自然科学の研究に携わり、学術探求の在り方が人間形成と社会形成に大きく関わっていることを強く認識してきました。これからの人類社会の持続的な発展を実現するためには、さまざまな分野で学術研究の促進が大きく求められ、人間の在り方や人間と環境との関係など幅広い英知を有する人材の育成が重要です。
このたび私は、21世紀が始まる年を契機に、これまで郷土愛媛の人々のご支援で研究に専念し得たことに報いるため、愛媛県出身で大学や大学院で学問に励む方に奨学金を提供する公益信託を設定することとしました。この公益信託を、社会有為な人材と学術の発展に貢献しようとする民間の善意の受け皿となし、もって、学術の探求が豊かな創造性と高い倫理を有する人間を育てることにより、立派な国づくりの一助となり、郷土愛媛はもとより世界の人類福祉の一層の促進に繋がることに役立てたいと思います。

愛媛県西予市出身 工学博士
元東京理科大学教授・理事
池田 佐喜男