BOVA応募作品一覧


伊予銀行は(株)宣伝会議が主催するオンライン動画コンテスト、第7回BOVA(BRAIN ONLINE VIDEO AWARD)に協賛し、「こんな銀行あったらいいな」をテーマに動画作品を募集しました。
斬新でユニークな作品を多数応募いただき、大変ありがとうございました。

伊予銀行の募集テーマ

こんな銀行あったらいいな

学生部門賞

伊予銀行の募集テーマを題材とした作品『大喜利「こんな銀行はいやだ!」』が学生部門賞を受賞しました。

作品名:大喜利「こんな銀行はいやだ!」

制作者:布瀬雄太(多摩美術大学)


制作者のコメント

銀行が移動?受付が幽霊?!この大喜利では銀行としてありえない状況が次々描かれていく…。
課題を読んだ時、私は若年層の銀行に対する関心向上を伊予銀行さんは重視しているように感じました。
そこでメインターゲットの中に属する私自身が感じる「銀行」へのイメージを起点に考えました。
そして従来の銀行のイメージから脱却し若者の興味関心を引くように大喜利形式で銀行を紹介する構成でフレームアニメーションを制作しました。


伊予銀行からのメッセージ

学生部門賞の受賞、心よりお祝い申し上げます。「こんな銀行はいやだ!」という銀行へのイメージをかわいらしいアニメーションでやわらかく表現され、若年層にも親しみやすい作品になっていると思います。
素晴らしい作品を制作いただきありがとうございました。今後も幅広くご活躍されることをお祈り申し上げます。

応募作品(一部抜粋)

集まったたくさんの作品の中から、受賞作品と伊予銀行が厳選した動画をご紹介します。

作品名:その気持ち、預かります。

結婚式を間近に迎え、久々に愛媛の実家へ帰省した娘。母が他界して1年、父親がおもむろに取り出したのは、伊予銀行の預金通帳だった。父に促され銀行へ向かった娘が、ATMで残高を確認したとき、目にしたものは…

作品名:想いが伝わる銀行

銀行がお金のやり取りだけではなく、その奥にある人の気持ちが見える場所になるといいなと考え「お金と一緒に想いを預かる銀行」を映像化しました。

作品名:銀行機能搭載型 育成シミュレーションアプリ「いよぎん」

銀行がスマホゲーム業界に参入!?
スマートフォンで銀行のサービスを利用しながら、推しのパートナーを育成していく新感覚アプリが登場。多彩なキャラクター、クエスト形式での銀行利用、育成シミュレーションゲームあるある、現実で受けられる銀行サービス特典の数々…。
続きは「いよぎん 育成アプリ」で検索!

作品名:伊予銀行、海支店はじめました。

「伊予銀行の銀行員が瀬戸内海を越えて、お客さまに寄り添うため」に、海辺に支店を作ろうとします。ここでは企画自体のテーマでもある「こんな銀行あったらいいな」と動画をみた方に思っていただけるようなストーリーを目指しました。



伊予銀行YouTube公式チャンネルにて全14本の応募動画を公開中