住宅関連ローン

まるごと住宅ローンワイド(3大疾病保障特約付団体信用生命保険)

概要

ご利用いただける方
  • まるごと住宅ローンワイドを新規にご契約いただく方
  • お借り入れ時の年齢が満20歳以上50歳以下で、完済時の年齢が満75歳以下の方
  • 団体信用生命保険にご加入できる方
  • 保証会社の保証が受けられる方
ご融資金額 30万円以上1億円以内(「住宅ローン団信」、「3大疾病団信」および「ライフサポート団信」の付保額を通算して1億円以内)
お借り入れ利率 通常の住宅ローン金利+年0.3%
ご融資期間 1年以上35年以内(1年単位)
  • 対象の物件によって異なります。
保証料 当行所定の保証会社に対する保証料が必要となります。保証料のお支払いは分割払いのみとなります。
保険の正式名称 3大疾病保障特約付団体信用生命保険
保険の特徴 この保険は、社団法人全国地方銀行協会を保険契約者、その会員銀行(以下、「銀行」といいます)を保険金受取人とし、銀行から融資を受けている賦払債務者を被保険者とする保険契約で、被保険者の方が保険期間中に以下の保険金お支払い事由に該当された場合に、銀行が保険会社から受け取る保険金をもって、被保険者の住宅ローンの債務の弁済に充当することを目的とする団体保険です。
お支払事由
死亡保険金
被保険者が保険期間中に死亡されたとき
高度障害保険金
被保険者が保険開始日以降の障害または疾病により、保険期間中に所定の高度障害状態に該当したとき
3大疾病保険金

悪性新生物(がん)

がんに罹患したと医師によって病理組織的所見により診断確定されたとき
ただし、以下の場合は支払われません。

  1. 1.保障開始日前に「がん」に罹患したと診断確定されていたとき
  2. 2.保障開始日からその日を含めて90日以内に 「がん」と診断確定されたとき
  3. 3.保障開始日からその日を含めて90日以内に診断確定された「がん」の90日経過後の 再発・移転等と認められる場合

急性心筋梗塞

次のいずれかの状態に該当されたとき

  1. 1.保障開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に所定の急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等は座業できるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと医師によって診断されたとき
  2. 2.保障開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に所定の急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞の治療を直接の目的として、病院または診療所において手術を受けたとき【平成27年10月1日以降に受けた手術が対象】

脳卒中

次のいずれかの状態に該当されたとき

  1. 1.保障開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に所定の脳卒中を発病し、その脳卒中により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻ひ等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき
  2. 2.保障開始日以後の疾病を原因として、保険期間中に所定の脳卒中を発病し、その脳卒中の治療を直接の目的として、病院または診療所において手術を受けたとき【平成27年10月1日以降に受けた手術が対象】
保険金額
  1. 1.保険金の支払事由に該当したときの3大疾病保障特約付住宅ローンの未償還元本残高となります。
  2. 2.最高保険金額は、他の銀行を含め、地銀協住宅ローン団信制度、地銀協3大疾病団信制度および地銀協ライフサポート団信制度を通算し、1億円以内となります。
  3. 3.死亡保険金、高度障害保険金、3大疾病保険金のうち、いずれかの保険金が支払われた場合、以後その他の保険金は支払われません。
保険金が支払われない場合について
共通
  1. 1.告知書にて事実を告げなかったときまたは事実でないことを告げ、契約が解除になったとき
  2. 2.保険契約について被保険者に詐欺行為があったとき(保障開始日からの年数は問わない)
死亡保険金高度障害保険金
  1. 1.保障開始日から1年以内に自殺したとき
  2. 2.戦争その他の変乱により死亡または高度障害状態になったとき
  3. 3.被保険者の故意により高度障害状態になったとき
3大疾病保険金
  1. 1.保障開始日前に「がん」に罹患したと診断確定されていたとき
    (注)被保険者本人がその事実を知っているか否かに拘らず支払対象外となります。
  2. 2.保障開始日からその日を含めて90日以内に「がん」と診断確定されたとき
  3. 3.保障開始日からその日を含めて90日以内に診断確定された「がん」の90日経過後の再発・転移等と認められる場合
保障の開始日
(保険期間の開始日)
融資実行日または保険会社が加入を承諾した日のいずれか遅い日
保障の終了
(保険期間の終了)
以下の場合には、被保険者の方はこの保険契約から脱退し、保障は終了します。
  1. 1.死亡または高度障害が確定したとき
  2. 2.3大疾病保険金の支払事由に該当したとき
  3. 3.住宅ローンの債務を完済したとき(保険期間が満了したとき)
  4. 4.告知義務違反等により加入資格を喪失したとき
  5. 5.住宅ローンについて期限の利益を喪失したとき
    (期限前の全額返済義務を履行すべき事由に該当したとき)
告知に関する事項 この保険への加入申込の際に、「申込書兼告知書」でおたずねする現在の健康状態、過去の傷病歴、身体の障害状態等について、ありのままをお知らせいただくことを「告知」といい、加入申込者ご本人には告知をしていただく義務があります。
この書面による告知は、生命保険会社が公平にご加入をお引き受けするかどうかを決める重要な事項ですので、告知日(記入日)現在の健康状態、過去の傷病歴、身体の障害状態等について「申込書兼告知書」でおたずねすることに、必ず加入申込者ご本人が事実をありのままに正確にもれなく告知(記入)してください。
なお、告知いただいた健康状態によっては、ご加入をお断りする場合もございますのでご了承ください。
(注)ご加入の際の保険金額が3,000万円を超える場合には、告知に加え、 「健康診断結果証明書」が必要になります。
留意事項
  1. 1.当ページは、3大疾病保障特約付住宅ローンに付帯される保険の概要を説明したものです。この保険の詳細については、「申込書兼告知書」に添付の「3大疾病保障特約付団体信用生命保険重要事項に関するご説明」および「申込書兼告知書」裏面の「3大疾病保障特約付団体信用生命保険に関するご説明」を必ずご確認ください。
  2. 2.ご融資にあたっては、当行所定の審査がございます。

ご相談やお問い合わせはこちらから

いよぎんテレホンセンター

0120-64-1414

受付時間/9:00~20:00(銀行休業日は除く)

お近くの<いよぎん>の窓口

お申し込みや住宅業者さまはお近くのローンプラザもしくは<いよぎん>の窓口までご相談ください。