iyomemo(いよめも)
見つかる、つながる。伊予銀行のWebメディア

実家VS一人暮らし
どちらが有利?考えてみよう!

2019/03/12
(提供元:ZUU

社会人になれば、これまで親元で生活をしていた人も独立して一人暮らしを検討することもあるだろう。一人暮らしと実家暮らしの生活費の違いを確認し、実家暮らしと一人暮らしのどちらがよいかを検討してみたい。

実家暮らしと一人暮らし 生活費や自由になるお金はいくら違う?

一人暮らしに憧れる人が多い半面、気になるのはお金のこと。実家暮らしと一人暮らしでは自由になるお金がどの程度違うのかを考えてみたい。月給18万円、手取り15万円の幹太さん(実家暮らし)と貴一さん(一人暮らし)の例をもとにしてみよう。なお、幹太さん、貴一さんは社会人1年目だ。

●実家暮らしの幹太さん

  項目     費用  
  家に入れるお金     3万円  
  携帯電話代     1万円  
  自動車関係費用     1万円  
  交際費     5万円  
  被服費     1万円  
  貯蓄     3万円  
  雑費     1万円  
  合計     15万円  

●一人暮らしの貴一さん

  項目     費用  
  家賃     5.5万円  
  光熱費     1万円  
  食費     3万円  
  携帯電話代     1万円  
  自動車関係費用     1万円  
  交際費     1.5万円  
  雑費     1万円  
  被服費     1万円  
  合計     15万円  

※家賃にはインターネット代、共益費、駐車場代が含まれる。

幹太さんのように、一般的な実家暮らしでも、社会人になると毎月の給料から家計に3〜5万円ほど入れる人が多いだろう。実家暮らしなら、それ以外の収入はすべて自分の自由だ。携帯電話代や自動車関係費用が合計2万円ほどかかっても、残りはすべて自分の好きなように使える。手取り15万円の人なら少なくとも毎月8万円が自由になるので、貯蓄もしやすくなる。幹太さんの場合は服飾費、交際費にもお金を充てたいので毎月頑張って3万円ずつ貯蓄しているそうだ。

一方、一人暮らしの貴一さんはどうだろうか。貴一さんの場合は家賃5万5千円(共益費、マンション内インターネット代込)、光熱費1万円、食費3万円、自動車関係費用1万円、携帯電話代1万円、雑費1万円ほどが必要になる。それらの金額を差し引いた残りの分を自由に使えるようになるが、貴一さんは3.5万円分を交際費や美容・衣服代に充当している。

ボーナスを貯蓄に回すとコツコツ積み立てることができるものの、今の給与が変わらないとして、毎月3万円(年間36万円)にボーナス分を貯められる幹太さんと、ボーナスの時だけしか貯められない貴一さんでは、30歳を迎えた時に貯蓄金額が大きく異なるだろう。

実家VS一人暮らし どちらを選ぶ?考えてみよう!

実家暮らしのほうがお金は貯まりやすい。しかしながら、一人暮らしをしてみたいという思いに駆られる人も多いだろう。一人暮らしのメリットとデメリット、どのようなケースがあるのかを見てみたい。

1.時間の使い方が自由なのは?―― 一人暮らしのほうが自由!

一人暮らしは出かけるのも帰宅も自分の自由だ。住む場所を自分で決められるので、通勤時間を短縮するために会社の近くのマンションを選ぶこともできる。家具やレイアウトを自分の好きなようにアレンジし、時間を気にせず友達を家に呼ぶことも可能だ。実家暮らしと比較して、周囲の目を必要以上に気にしなくてよいのがメリットだろう。

2.セルフマネジメント力が身につくのは?―― 一人暮らしのほうが身につきやすい

実家暮らしは家族と一緒に家庭内での行動や管理を行うのでついつい家族に管理を頼りがちになってしまうが、一人暮らしは時間の使い方が自由な分、すべてを自分で管理しなければならない。家事がおろそかになれば衛生的ではない、食事が偏れば不健康になるおそれもあるので、掃除や洗濯、家事を意識していきたい。

さらにお金の管理も自分で行うことになるが、セルフマネジメント力を養ういいチャンスになるだろう。家賃、光熱費、通信費、保険代などの固定費に加えて、食費や日用品費など、かさみがちな費目もある。自分の行動とお金の使い方を考えることで、セルフマネジメント力がついてくるはずだ。

3.家族のありがたみが分かるのは?―― 一人暮らしになって初めて気づける部分も大!

一人暮らしを始めると、実家暮らしでいかに家族に頼りきっていたか分かるだろう。帰宅すると誰かが迎えてくれるというのは精神的に大きな安心感を得られるはずだ。食事を摂る時、一家団らんで家族揃って話ができる状況は温かく心強い。さらに、食事の準備や掃除・洗濯を家族が代わりにしてくれていた人は、自分がやってみて初めて本当の意味で家族に感謝の気持ちが芽生えるのではないだろうか。

4.頼る相手がいるのは?―― 実家暮らしのほうが安心

一人暮らしは体調不良の時や怪我の時に頼る相手が少ない。通院から食事の準備・後片付け、着替えの準備などもすべて自分でしなければならず、心細くなることもあるかもしれない。災害時や空き巣、一人暮らしを狙った犯罪の危険性も否めないため、防犯面では家族がいると安心感も増すだろう。

5.家族の様子を気にかけられるのは?―― 実家暮らしのほうが小さいことにも気づける!

実家から離れて生活をしていると、家族と顔を合わせない分、家族の体調に気づけないことがある。家族も、子どもに気を遣わせないように、心配をかけないように隠す場合もあるだろう。実家暮らしであれば、家族の些細な変化にも気づきやすい。特に両親や祖父母に介護が必要になるケースもあり、早く気づけば対策を取れる場合もある。早期発見につながりやすい面は実家暮らしのメリットと考えられるだろう。

6.お金にゆとりがあるのは?―― 実家暮らしのほうがゆとりは出やすい

一人暮らしは自己管理能力が身につく半面、お金のやりくりが思った以上に大変だと感じる人もいるようだ。日々の生活に精一杯で給料日前にはキャッシングをしてしまう人もいる。自分のお金の使い方のクセをよく考えて、どのような使い方をすればよいのかをよく検討しよう。もしも自分の収入では一人暮らしを始める・続けるのが難しいという人は実家での生活で食費や光熱費の一部を負担したり、家事を分担したりすることでセルフマネジメント力を養うようにしたい。

実家も一人暮らしも良し悪し 自分にとって最善な選択を

実家暮らしと一人暮らしを比較してみたが、実家暮らしにも一人暮らしにも良し悪しはあるものだ。誰かと家庭を築く時、一人暮らしの経験があるほうがお金の管理や家事がしやすいメリットはあるものの、挙式・披露宴にかかる費用や新生活の初期費用が捻出しにくい側面もある。自分にとってどのようなライフスタイルがよいのかをよく検討し、暮らし方をイメージしてみてはいかがだろうか。

関連リンク

この記事が気にいったら
シェアしよう

iyomemo