iyomemo(いよめも)
見つかる、つながる。伊予銀行のWebメディア

マイカーローンの審査基準とは?
審査に落ちる理由&通過するための3つのポイント

2021/03/16
(提供元:ペリプラス

自動車の購入や買い替えでは大きなお金が必要になります。教育資金や住宅資金などとの兼ね合いもあり、全額キャッシュで支払うのは容易ではありません。マイカーローンを利用すれば自動車の購入金額を分割で支払うことができますが、審査に通るか不安な人は多いでしょう。そこで今回はマイカーローンの審査について解説します。

マイカーローンの審査基準とは

マイカーローンの審査基準とは

マイカーローンは、他のローンと同じく審査が必ずあります。まずはマイカーローンの審査基準についてまとめていきます。

勤続年数や年収、働き方の属性

ローンの返済能力を測るという意味で、きちんと働いているかどうかが審査されます。就職や転職したばかりで勤続年数が浅く、年収が低い場合は借り入れができないこともあります。

また、会社員などの給与所得者と比べて、定期的な収入が確保されていないとみなされる自営業者やパート、アルバイトの場合は、借り入れに制限が出るケースもあります。

他の借り入れの返済状況

金融機関や信販会社は、住宅ローンやその他ローン商品の借り入れ状況および返済状況を事前に確認できます。これは信用情報といって、返済の遅れや強制解約についてなど、これまでの借入額や返済履歴を見ることができるものです。マイカーローンの審査では、信用情報をもとに総合的に判断されます。

審査に通りやすいマイカーローンはある?

審査に通りやすいマイカーローンはある?

審査に通るかどうかは条件による

審査に通るかどうかは、審査の前提条件によってさまざまです。例えば、頭金を入れてローン借入額を抑えることで、希望の金額を借り入れることも可能です。

審査に通りやすいマイカーローンであるかというよりも、担当者と相談の上、自動車購入に際してベストな方法を決めていくことが重要です。

銀行ローンとディーラーローンの審査、どちらが厳しい?

マイカーローンの借り入れ先は、だいたい2 種類に分けられます。金融機関からの借り入れと、自動車購入先のディーラーで契約するディーラーローンです。

銀行のマイカーローン

銀行のマイカーローンは、自動車購入の際のローン契約では審査が慎重な傾向があります。

なぜなら、銀行のマイカーローンは購入する車を担保にしません。自動車の購入者(ローン契約者)に対して、自動車購入費相当分の金銭を貸し付けるイメージです。したがって、購入後の車検証の所有者欄には、最初から購入者が記載されています。

ただし、審査が慎重に行われる分金利は低く、一般的に2~3%程度に設定されています。

ディーラーローン

ディーラーで契約するローンは、ディーラーが提携している信販会社との契約になります。一般的に銀行より金利が高く、おおむね4~8%程度で設定されています。その分、銀行よりは審査に通過しやすい傾向があります。

ディーラーローンの契約期間中は、自動車の所有者は信販会社です。つまり、車を担保に購入金額を借り入れていることになります(※)。このことから、ローン返済期間中に別の車に買い替える場合は、所有権解除などの手続きを行わなければなりません。

(※)似ているものに「カーリース」がありますが、カーリースはリース契約ですので、毎月一定金額を支払っていても購入にはあたりません。販売店が購入した自動車を、顧客が借りて使用する仕組みです。

したがって、車検証上の車両所有者は自動車販売店やリース会社、使用者は顧客となります。契約満了後は車両の返却や買取、再リースといった選択肢があります。

ディーラーローンも、ローン返済中は車検証上の車両所有者が自動車販売店や信販会社になっています。これを所有権留保といいます。カーリースとの違いは、ローンを完済して所有権解除の手続きをすれば、車両の所有者が顧客になる点です。

マイカーローンの審査に通らない理由とは

マイカーローンの審査に通らない理由とは

最低限の条件を満たしていない

ローン契約全般におけることですが、ローン審査では「定期的な収入があること」という最低限の条件を満たす必要があります。つまり、無職や安定した収入がない場合は審査に通らない可能性があります。

信用情報に問題がある

信用情報について、未納や滞納、強制解約になった履歴がある場合、マイカーローンは組めないことがあります。過去にそのようなことがあって審査に不安がある場合は、信用情報開示をしてみるのも一つの対策です。信用情報開示では、自身の信用情報が現在どうなっているかを確認できます。

事故情報の登録期間は各信用情報機関によって多少の差がありますが、任意整理や個人再生は約5年、自己破産は10 年前後となっています。ローン審査に通過するためには、登録されている金融事故情報が消えた後に申し込みを行いましょう。

マイカーローンの審査に通過するための3 つのポイント

マイカーローンの審査に通過するための3 つのポイント

頭金を利用する

頭金として、現金預貯金をローンの一部に組み込む方法があります。全額ではなく一部をローン契約にすることで借入総額が少なくなり、結果として審査に通りやすくなります。

他のローンをきちんと返済する

審査に通りやすくするためには、日頃から他のローンについてきちんと返済しておくことが大事です。また、返済能力以上に借り入れをする、クレジットカードを使いすぎることは控えましょう。

ここまでに解説したとおり、金融機関は信用情報を開示して調べることができます。日頃から金銭管理をしっかり行っておくことは、必要なローン審査に通過するための最大のポイントでしょう。

マイカーローンの審査基準に関するまとめ

マイカーローンの審査では、年収や勤務属性、他のローンの返済状況などが見られます。審査に不安がある場合でも、頭金を入れるなどによって審査に通りやすくすることは可能です。自動車購入時の担当者と相談の上、ベストな形でマイカーローンが組めるように対策を練りましょう。

著者プロフィール

著者 大野 翠

芙蓉宅建FP オフィス代表、FP 技能士センター正会員

金融業界歴10年目、お金と不動産の専門家。生命保険、損害保険、各種金融商品の販売を一切行わない「完全独立系FP」として、プロの立場から公平かつ根拠のしっかりしたコンサルティングを開催している。

関連リンク

合わせてよく読まれている記事

RECOMMENDATION

RANKING

TAG LIST

    • Digital-Human-Digital
    • 地元愛
    • LIFE PALETTE
    • IYOCA