その他のお知らせ

 普通預金等未記帳取引の「一括記帳」の実施について

2011年10月21日(金)より、預金通帳に記帳されていないお取り引きの件数が多数ある預金口座につきましては、以下の要領で、個々のお取り引きを一括で記帳させていただくことといたしました。
誠に恐縮ではございますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
また併せて、普通預金等通帳への定期的な記帳をお願い申し上げます。

1.対象となるお客さま

個人のお客さま(個人事業主のお客さまを含みます)

2.対象となる預金口座

普通預金((新)総合口座を含みます)、貯蓄預金、納税準備預金

3.「一括記帳」の対象となる基準

預金通帳の未記帳件数が100件以上で、かつ3か月以上前のお取り引きが預金通帳へ記帳されていない預金口座

4.「一括記帳」をおこなう基準日

原則、毎月第3金曜日を基準日とし、基準日の夜間に「一括記帳」をおこないます。

5.「一括記帳」のお取り引きの明細書が必要な場合

お取引店もしくは最寄店の窓口に、預金通帳をご提示のうえ、お取り引きの明細書の作成(手数料無料)をお申し付けください。
なお、お取り引きの明細書のお渡しまで時間がかかることもございますので、あらかじめご了承ください。

6.「一括記帳」実施後の通帳への表示例

「一括記帳」実施後の通帳への表示例

以上