住宅関連ローン

金利タイプの種類と選び方

ライフプランに応じた金利タイプを選択しましょう。

住宅ローンを選ぶうえで大事となるのが、金利です。目先の金利だけでなく、将来にわたる自身のライフプランを踏まえて、金利タイプを選ぶことが大切です。

新変動金利型 段階金利型 変動固定選択型
新変動金利型

金利情勢の変化に伴い借入金利が見直しされるタイプで、通常年2回金利が見直しされる

段階金利型

借入時に「当初10年間」と「11年目以降から完済まで」の金利が固定される

変動固定選択型

3年・5年・10年のいずれかの固定金利期間を選び、固定金利期間終了後は再度固定金利期間を選択する

【こんな方にオススメ】

・これからも金利は上がらないと考えている方

・金利が上がっても固定金利よりは低いと考えている方

・当面の返済額を少しでも抑えたい方

・金利および返済額の上昇に対応できると考えている方

【こんな方にオススメ】

・当初10年間は返済額を低く抑えたい方

・お借入時に完済までの返済額を確定したい方

【こんな方にオススメ】

・ライフプランや金利動向に合わせて、金利を選びたい方

・一定期間、返済額を確定したい方

  • 変動金利・固定金利の仕組みについては、全銀協のパンフレットにて詳細をご確認いただけます。詳細はこちら

新変動金利型

新変動金利型とは、金利情勢の変化に伴い、定期的に借入金利が見直しされる金利タイプです。
通常年2回金利の見直しがあります。


新変動金利型の返済イメージ

新変動金利型

特別金利情報(新規)

2024年2月1日時点

新変動金利(40年)

【特別キャンペーン実施中】今だけ特別金利(2024年5月31日まで)

2024.1.1~2024.1.31 2024.2.1~2024.2.29
新変動金利型 0.45~0.95% 0.45~0.95%
新変動金利利用料 お借り入れ額×1.1%
  • 上記金利は、適用期間の「正式申込受付時」または「融資実行時」に適用される金利であり、お申し込み内容や審査結果に応じて金利が決定します。
  • 上記金利には、保証会社へ支払う保証料は含んでおりません。
  • 融資実行時に「新変動金利利用料」として、お借り入れ額×1.1%(税込)をお支払いいただきます。
  • 詳細は「新変動金利型の金利情報」をご参照ください。

新変動金利型のメリット・デメリット

新変動金利型のメリット 新変動金利型のデメリット
  • 他の金利タイプよりも金利が安い
  • 金利が下がれば返済額も下がる
  • 金利が上がれば返済額が増える
  • 返済計画が立てにくい

お借り入れ後の金利について

毎年4月1日と10月1日時点の住宅ローン基準金利(以下「基準金利」)をもとに、年2回金利の見直しがあります。


金利の見直しがあった場合、新利率の適用は、基準金利の変更直後の6月または12月の返済日の翌日(増額返済併 用の場合は、直後の増額返済日の翌日)からお借り入れ金利に適用いたします。

  • ただし、元利均等返済の場合は「5年間ルール」と「1.25倍ルール」が適用されます。

5年間ルールと1.25倍ルールについて(元利均等返済の場合)

金利の変動があっても5年間は返済額が変わらない

市場金利が変動した場合、お借り入れの金利は変動しますが、毎月の返済額は、変動金利適用開始日から起算して5年間変更されないことになっています。気を付けたいことは、金利が見直しされると、毎月の返済額は変わらないものの、利息および元金の内訳が変化するため、金利が下がると返済額に占める利息の割合が減少し、元金の返済が増加しますが、金利が上がると返済額に占める利息の割合が増加し、元金の返済が減少します。

返済額が増えても、新返済額の上限は前回返済額の1.25倍まで

5 年目のお借り入れ金利変更時には、新返済額を再計算しますが、お借り入れ金利の上昇により返済額が増加する場合でも、新返済額は前回までの返済額の1.25倍を限度とされています。以降、10年目、15年目…と5年ごとに新返済額が再計算されます。
万一、お借り入れ金利の大きな上昇により、毎月の利息のお支払額が毎月の返済額を上回った場合は、その超過額(「未払利息」といいます)のお支払いは次回以降に繰り延べられ、未払利息・約定利息・元金の順に返済することとなります。



新変動金利型住宅ローンのイメージ

新変動金利型住宅ローンのイメージ

未払利息のイメージ

未払利息のイメージ
新変動金利型は、こんな方にオススメ!
  • これからも金利は上がらないと考えている方
  • 金利が上がっても固定金利よりは低いと考えている方
  • 当面の返済額を少しでも抑えたい方
  • 金利および返済額の上昇に対応できると考えている方

新変動金利型をご利用いただくには当行所定の条件があります。

    ご利用いただける方
  • 1.ご本人さまの「給与振込」または「年金振込」
    (振込指定口座は住宅ローン返済用口座とさせていただきます。)
  • 2.IYOCA またはVisa デビットのご契約または「保険証券点検サービス※」の利用

    ※「保険証券点検サービス」は愛媛県内のみご利用可能です。

  • 3.「カードローン」のご契約
  • 4.第1順位の抵当権
  • (注)上記1、2、3については住宅ローンとの同時申し込みが可能です。

段階金利型

段階金利型とは、お借入時に「当初10年間」と「11年目以降から完済まで」の金利が確定する金利タイプです。お借入時に完済までの返済額が確定するので、返済プランが立てやすく、家計管理も安心です。


段階金利型の返済イメージ

段階金利型

段階金利商品は、お得な3つのプランからご選択いただけます。

今だけお得!【2024年3月31日(日)正式申込受付分まで】取り扱い延長

  • 新築マンションご購入の場合は2024年3月31日(日)事前受付分まで可。

特別金利情報(新規)

段階金利(40年)

金利プラン 2024.1.15~2024.2.14 2024.2.15~2024.3.14
Aプラン Bプラン 特別プラン Aプラン Bプラン 特別プラン
当初10年間 1.27% 1.20% 1.45% 1.22% 1.15% 1.40%
11年目以降 1.61% 1.54% 1.59% 1.56% 1.49% 1.54%
段階金利利用料 お借り入れ額×1.1% お借り入れ額×2.2% 無料 お借り入れ額×1.1% お借り入れ額×2.2% 無料
  • 上記金利は、適用期間の「正式申込受付時」または「融資実行時」に適用される金利です。ただし、審査結果に応じて上記金利に0.1~0.3%上乗せされる場合があります。
  • 上記金利には、保証会社へ支払う保証料は含んでおりません。
  • 詳細は、下記「段階金利型の金利情報」をご参照ください。

段階金利型のプランの選び方

借入期間や繰上げ返済の予定など、ご自身の返済計画に合ったプランをお選びください。

段階金利型のメリット・デメリット

段階金利型のメリット 段階金利型のデメリット
  • 全期間固定であるため、返済プランが立てやすい
  • お借入時に返済額が確定するので、家計の管理が安心
  • 金利上昇のリスクを回避できる
  • 借入残高が多い当初10年間の金利が低く設定されるため、当初の返済負担が軽くなる
  • 金利が下がる局面では、金利低下のメリットを受けられない
段階金利型は、こんな方にオススメ!
  • 当初10年間は返済額を低く抑えたい方
  • お借入時に完済までの返済額を確定したい方

段階金利型をご利用いただくには当行所定の条件があります。

    ご利用いただける方
  • 1.ご本人さまの「給与振込」または「年金振込」
    (振込指定口座は住宅ローン返済用口座とさせていただきます。)
  • 2.IYOCAまたはVisaデビットのご契約または「保険証券点検サービス」の利用

    ※「保険証券点検サービス」は、愛媛県内のみご利用可能です。

  • 3.「カードローン」のご契約
  • 4.第1順位の抵当権
  • (注)上記1、2、3 については住宅ローンとの同時申し込みが可能です。
  • 「土地のみの購入」や「住宅取得を伴わないリフォーム」、「借換」にはご利用できません。

変動固定選択型

変動固定選択型は、3 年・5 年・10 年のいずれかの期間だけ金利を固定する金利タイプです。当面の返済額を確定して、将来の金利動向を見極めたい方におすすめです。


変動固定選択型の返済イメージ

変動固定選択型

変動固定選択型金利(40年)

【特別キャンペーン実施中】今だけ特別金利(2024年5月31日まで)

金利プラン 2024.1.1~2024.1.31 2024.2.1~2024.2.29
3年固定 5年固定 10年固定 3年固定 5年固定 10年固定
融資利率 0.60% 0.70% 1.10% 0.40% 0.50% 0.90%
  • 上記金利は、適用期間の「正式申込受付時」または「融資実行時」に適用される金利です。ただし、審査結果に応じて上記金利に0.1~0.5%上乗せされる場合があります。
  • 上記金利には、保証会社へ支払う保証料は含んでおりません。
  • 詳細は、下記「変動固定選択型(特別キャンペーン金利)の金利情報」をご参照ください。

変動固定選択型のメリット・デメリット

変動固定選択型のメリット 変動固定選択型のデメリット
  • 当初固定金利期間中の金利を低く抑えることができるため、月々の返済額を抑えられる
  • ライフプランに合わせて、固定金利期間を3年・5年・10年から選択できる
  • 固定金利期間終了後は、その時の金利情勢に左右されるため、返済額が増える可能性がある
変動固定選択型は、こんな方にオススメ!
  • ライフプランや金利動向に合わせて、金利を選びたい方
  • 一定期間、返済額を確定したい方

金利タイプ比較表

金利タイプ 新変動金利型 段階金利型 変動固定選択型
返済イメージ
新変動金利型

金利情勢の変化に伴い借入金 利が見直しされるタイプで、通常年2回金利が見直しされる

段階金利型

借入時に「当初10年間」と「11年目以降から完済まで」の金利が固定される

変動固定選択型

3年・5年・10年のいずれかの固定金利期間を選び、固定金利期間終了後は再度固定金利期間を選択する

ご融資期間 1年以上40年以内
  • 対象の物件によって異なります。
メリット

・他の金利タイプよりも金利が安い

・金利が下がれば返済額も下がる

・全期間固定であるため、返済プランが立てやすい

・お借入時に返済額が確定するので、家計の管理が安心

・金利上昇のリスクを回避できる

・借入残高が多い当初10年間の金利が低く設定されるため、当初の返済負担が軽くなる

・当初固定金利期間中の金利を低く抑えることができるため、月々の返済額を抑えられる

・ライフプランに合わせて、固定金利期間を3年・5年・10年から選択できる

デメリット

・金利が上がれば返済額が増える

・返済計画が立てにくい

・金利が下がる局面では、金利低下のメリットを受けられない

・固定金利期間終了後は、その時の金利情勢に左右されるため、返済額が増える可能性がある

ご相談やお問い合わせはこちらから

住宅ローン商品についてはこちら

0120-64-1414

いよぎんテレホンセンター

受付時間/9:00~20:00(銀行休業日は除く)



お申し込み手続きに関するお問い合わせ、お申し込み中の方・ご契約中の方はこちら
※HOMEに関するお問い合わせは、「HOMEについてはこちら」までお願いします。

ローンプラザ

お近くの<いよぎん>の窓口

HOMEについてはこちら

HOMEをはじめてご利用される方

※サービス内容やHOMEアプリの操作方法


0120-14-2014


平日 9:00~17:00
休日(土・日・祝日) 10:00~17:00

※年末年始(12/29~1/5)、ゴールデンウィーク(4/29~5/7)、お盆(8/13~8/15)の銀行休業日は除きます。

HOMEをご利用中の方

※申込内容に関する個別の問合せ、進捗確認、今後のスケジュールなど

0120-14-1014

※ガイダンスに従いダイヤル1を押してください

平日 9:00~17:00
休日(土・日・祝日) 10:00~17:00

※年末年始(12/29~1/5)、ゴールデンウィーク(4/29~5/7)、お盆(8/13~8/15)の銀行休業日は除きます。

休日もご利用可能です。

  • 休日は混み合う場合が多いため、予約制とさせていただいております。お手数ですが、各ローンプラザにお電話のうえ、ご来店いただきますようお願いいたします。

関連リンク